中国エリア,羽衣石山

羽衣石山の遠景写真

❊下のサムネイル画像をクリックしていただくとメイン画像に表示されます。

羽衣石山

読み方:うえしやま

所在:鳥取県東伯郡湯梨浜町

標高360m 比高280m

ビューポイント

湯梨浜町や東郷湖、日本海まで望む事が出来る。

概要

羽衣石の地名は貞治5年(1366)に、この地域の豪族・南条氏が城を築く際に「崩石ノ山」という名前を嫌い「羽衣石」と改めた事から始まったとされています。
「君が代は天の羽衣まれにきて」の古歌に因んだとも云われています。
また天女が降臨し羽衣を干したという伝説も残されている山です。
この山を中心に様々な戦いの舞台にもなりました。
特に天正9年(1581)には羽衣石城を攻める毛利元就次男の吉川元春と、救援に赴いた羽柴(豊臣)秀吉との間で睨み合いが起こっています。
この時に吉川元春が背後に流れる川の橋を焼き、船を引き揚げ決死の覚悟を示しました。
この覚悟を見た羽柴秀吉は羽衣石城に鉄砲や弾薬・兵糧を入れ姫路に退き決戦を回避しています。
決戦は回避されましたが、羽衣石城の危機は変わらず南条氏による必死の防戦も落城してしまいました。
天正10年(1582)の本能寺の変後に織田信長が横死すると毛利氏と羽柴秀吉が和睦し、南条氏も羽衣石城に復帰を果たしています。
この山からの眺めは、湯梨浜町はもちろん遠く日本海も望む事が出来ます。
登山道は整備されていますが、石の道を歩かなければならない箇所があり体力を奪われやすいです。
頂上部には昭和初期に南条氏の末裔によって鉄筋の模擬天守が建てられています。

《参考文献》

山根幸恵・藤岡大拙・三坂幸治編「日本城郭大系第14巻鳥取・島根・山口」P101~103(株式会社新人物往来社)
竹内理三編「角川日本地名大辞典31鳥取県」P127~128(角川書店)


アクセスマップ

コメント欄

山に登って体験し感じた事や、サイトを見て思った事など、
コメントをどしどし募集しています、気軽に書き込んでください!

ニックネーム
コメント

山リスト一覧

四国エリア

中国エリア